ドクターチャンバーユニット

加工機器用のドクターチャンバーユニット

加工機器用のドクターチャンバーユニット

フレキソ印刷機メーカーとして1950年代から、セラミック・アニロックスロールメーカーとして1990年代から、そしてドクターチャンバーメーカーとして1980年代初期からの実績が有ります。
フレキソ印刷以外に現在ではさまざまなコーターやラミネーターに採用されています。
全てオーダーメイドです。貴社の仕様に合わせて御提案させて頂きます。

  • 高速塗工が可能(生産性向上)
  • インキ・塗工量の削減と安定(品質、経済性向上)
  • 粘度変化・異物(水分含む)混入防止(品質・経済性向上)
  • 液の飛散・悪臭防止(作業環境改善)
  • 洗浄の簡素化(作業環境改善)
  • 各種コーター、ラミネーター、フレキソ印刷機等々に多くの実績が有ります
  • ドクターチャンバーシステムとしてのご相談何でも承ります

■加温型ドクターチャンバー

加工機器用のラ加温型ドクターチャンバー

チャンバー本体にお湯を循環させて一定温度を保ちます。

■タンク型チャンバー

加工機器用のタンク型チャンバー

チャンバー背面にタンクを付けて配管を無くしました。

■フレキソコーターユニット

加工機器用のフレキソコーターユニット

フレキソコーティングとは

  • ・オフセット印刷機をフレキソコーターへ改造
  • ・UV、水性ニス、金銀蛍光インキに最適
  • ・チャンバー方式なので、塗布面安定、平滑

【特徴】

  • ・凸版とアニロックスロールとドクターチャンバーを使ったフレキソ方式の為、厚盛可能
  • ・UV、水性ニスの使用が可能なため、環境保全や安全衛生面が向上
  • ・液の飛散、溶剤蒸発の防止、臭気の低減、粘度変化や異物混入の防止
  • ・切り換え時間の短縮、洗浄作業の半自動化(自動化)を推進
  • ・塗工液の消費量の削減と安定
  • ・塗工開始時と高速塗工時でも塗布量の変化は微細