エアーシャフト

■ラグ平行タイプエアーシャフト/ラグ千鳥タイプエアーシャフト

ラグ平行タイプエアーシャフト/ラグ千鳥タイプエアーシャフト

ラグの配列が平行に並ぶ場合と、千鳥に並ぶ場合があり、もっともスタンダードなタイプ。コアを保持する接触面積が大きいため高いトルクが確保されます。 特にラグが切れ目なく配列されている千鳥ラグの形式は、スリッターの巻き取りなどに適しています。

■リーフタイプエアーシャフト

リーフタイプエアーシャフト

シャフト全体が拡張収縮し、ラグでは変形しやすい薄い紙管に適します。 全面に、より均等なトルク分布がえられます。(伝達トルクはラグ平行タイプより少ない)

■片持エアーシャフト

片持エアーシャフト

片持支持のエアーシャフトです。 通常シャフトは機械に取り付けますので、シャフトを持ち上げることもなく、コアの着脱が容易に行えます。 エアー注入口はシャフト先端はもちろん、ジャーナル先端部からロータリージョイントでの配管も可能です。 ラグ平行、ラグ千鳥、リーフタイプなど、各種設計製作いたします。

■軽量化シャフト

軽量化シャフト

パイプ部にCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)、ジャーナル部にチタン合金を採用することにより超軽量、低慣性モーメント、高剛性のエアーシャフトを可能にしました。 軽量化により着脱が容易になり、作業効率がアップします。パイプ部のCFRP比重は、スチールの1/5、ジュラルミン(アルミ軽合金)の2/3、ジャーナル部のチタン合金の比重はスチールの1/2です。

■中空エアーシャフト

中空エアーシャフト

エアーシャフト本体中心が中空になっています。3インチコアーの場合、直径30mm以下の原紙軸であれば、中空エアーシャフトを任意の位置に固定して、コアーをチャッキングすることができます。

■エアーシャフトアダプター

エアーシャフトアダプター

お手持ちのエアーシャフトの外径が、エアーアダプターでいろいろなサイズに変更でき、軽量化を実現しました。 3インチエアーシャフトに6インチエアーアダプターを装備したときの重量は、6インチエアーシャフトに比べて約1/2の軽さです。 (各種サイズ設計、製作いたします。)

■ナイロン樹脂製軽量エアーアダプター

ナイロン樹脂製軽量エアーアダプター

エアーアダプター本体をナイロン樹脂化する事により、アダプター重量を従来品より約20%軽減する事が出来ました。 軸装着機構に割りカラー方式を採用しているため、従来のエアーシャフトにも簡単に装着する事ができます。

■エアーハンガー

エアーハンガー

荷役作業をより効率よくスムーズに行えます。巻取りロールを立てた状態で紙管に挿入しエアーを入れると、のこ刃状のラグが確実に紙管にくいこみ、吊り上げ下げが可能になります。ロールの外側をつかまずに作業ができるため製品にキズがつく心配がありません。 許容荷重:150kg、300kg、450kg、600kg、750kg (各種サイズ設計、製作いたします。)

■スライドチャック

スライドチャック

スライドチャックはシャフトレス構造により、経済性および作業能率の向上につながります。 従来のテーパーコーン方式では、線接触であったのに対し、スライドチャックは面接触のため、コアーのクランプおよびトルク伝達を確実に行います。また、スライドチャックは機械的構造により作動させるため、メンテナンスは一切不要です。 3インチ、4インチ、6インチ、9インチ、12インチ (各種サイズ設計、製作いたします。)

■エアーチャック

エアーチャック

シャフトレス用です。内蔵した大きなエアーシリンダーによりテーパー構造でコアを強力にグリップ、この為、機械の両サイドからの押し付け力は不要です。 エアー注入口は任意に設定出来ます。その為半自動化又は完全自動化のどちらでも対応可能です。液晶用フィルム用11インチコアにも採用され、高精度及び高トルクでフィルム生産のローコスト化に貢献できます。 復動式(特許取得済み)も実績があり、完全自動化の現場で貢献しています。(通常タイプはアンチャック時はバネ戻しです。)オーダーメイドの為、各種サイズの製作が可能です。

■コアーレス型エアーシャフト(リーフタイプ)

コアーレス型エアーシャフト(リーフタイプ)

リーフタイプエアーシャフトに、当社独自の原反クランプ機構の採用により、コアーレス(紙管なし)で巻き取り作業が可能になりました。 エアー注入により確実に原反をクランプし、エアーを抜く事により容易にクランプが外れる機構になっています。

■PNエアーシャフト(プレシジョン・ニュー)

PNエアーシャフト

パイプ外周に 4 列のウレタン製ラグが膨張・収縮します。 従来のチューブタイプのエアーシャフトよりコアの振れが少なく、万が一のパンク時も簡単にチューブの交換が出来ます。

■軽量エアーシャフト

ASキャリー(エアーシャフトキャリア)

従来のジュラルミン製エアーシャフトの約 56%の自重です。
カーボン+チタン製より低価格ですが最大耐荷重は低くなります。

パイプ材質+ジャーナル(軸)材質 シャフト重量※1 予想最大タワミ量※2 最大耐荷重
薄肉パイプ+A7075(超々ジュラルミン) 10.0kg 0.9 mm 700kg
ジュラルミンパイプ+鋼材 18.0kg 0.59 mm 1100kg
カーボン+チタン 13.5kg 0.29 mm 1200kg

※ 1 パイプ部:φ75×1120 mm、全⻑:1520 mm、軸:φ40 の場合
※ 2 原反 900 mm、300kg、張力 10kg、1 丁取りの場合

■ASキャリー(エアーシャフトキャリア)

ASキャリー(エアーシャフトキャリア)

重いロールやシャフトの引き抜き・挿入装置。 シャフトの自重はASキャリーがサポートします。従来、数人で行っていたシャフトの搬送が、一人で容易に行えます。テーブルの昇降は油圧ポンプで又は電動モーターで自由自在です。

最大荷重 150kg油圧、200kg電動
適用シャフト外径 75~180mmまで使用可能
最低高さ 150mm
揚程 500mm