セラミックアニロックスロール

加工機器用のセラミックアニロックスロール

高硬度セラミックにより、高品質フレキソ印刷を実現する
セラミック・アニロックスロール

高品質なフレキソ印刷を実現していく中で、欠くことのできないのが高精度のアニロックスロールです。ニューロングでは、技術開発力を結集しセラミック・アニロックスロールを完成させ、すでに25 年以上の実績を積み重ねております。
万全な品質管理とコンピューター制御されたレーザー彫刻により、常に安定したセル形状・線数・深度が得られます。

カタログPDFダウンロード

■応用範囲が幅広く各種コーティングロールとしての利用が拡大

高度の耐磨耗性をいかして、フレキソ印刷用アニロックスロールとしての使用はもとより、グラビアベタロールや各種コーティングロールとしての利用が拡大しています。

■国内最初の一貫生産による迅速な対応(再生加工も可能)

銀芯製作からセラミック溶射 → ダイヤモンド砥石などによる研削 → レーザー彫刻 → スーパーフィニッシュ → 各種精度検査に至る生産設備を整え、製造・販売アフターサービスのすべてを行っております。従って鉄芯からの新作レーザー加工と、お客様から使用中のアニロックスロール(クロムメッキ製)を支給して頂き、セラミックによる再生加工のご要望に対して迅速な納期をお約束します。

■耐磨耗性抜群の高硬度セラミック使用

耐磨耗、耐食性に非常に優れたセラミック(酸化クロム)を厳選し、鉄ロール表面に200μ~300μ溶射、直接レーザー彫刻を行います。ロールは従来のクロムメッキに比較して20~30倍の寿命が得られます。

■高精度の最終研磨とセラミック特有の優れた転移性

高精度な最終研磨により、インキの転移が安定し、ドクターブレードの磨耗や損傷も最小限となります。クロムメッキロールに比べてセラミックロールは、良好な転移性(ヌケ)が得られます。

■貴社仕様に最適な豊富なセルパターン彫刻

セラミック層に直接レーザー彫刻を行うため、セル角度・パターン・線数・深度等の組み合わせは自由であり、貴社仕様に最適なセル形状ロールの提供が可能です。。

■ミクロン単位の正確なセル容積管理

従来のアニロックスロールは、形状・線数によりほとんどセル容積が決まっていましたが、セラミック・レーザー彫刻 では、線数・深度・セル角度をある程度自由に選ぶことができます。同一線数を彫刻した場合でも、深度・セル角度を変えることによりセル容積が大幅に増減できるため、セル容積の測定は最重要項目となります。ニューロングでは、セラミック・アニロックスロールに製造番号を彫刻し、下記のデータを添付して出荷しております。

  • セル形状:グラビアスコープ写真
  • セル深度:表面粗さ計(チャート)にて測定
  • セル容積:加賀谷法による測定

■完璧なアフターケア<洗浄サービス>

ニューロングでは納品後のアフターケアにも万全を配しております。最新鋭の超音波洗浄機での洗浄実績では、通常の水性・油性インキの目づまりはもとより、2液硬化型インキの目づまりも確実に除去し再使用が可能となります。洗浄は、セラミックロールとクロムメッキロールいずれも可能です。超音波洗浄でとれない目づまりもご相談ください。

■ニューロングならではの豊富なアニロックスロール技術

多年にわたるアニロックスロールに関する技術と経験をいかして、お客様のご要望に最もマッチした技術サービスとアフターケアを提供させて頂きます。
新作・再生ロールのレーザー彫刻加工はもちろん、現在ご使用中のロールの目づまり、ドクターブレートやファウンテンロールの異常磨耗、コーティング量の不適、移転ムラのトラブル等もご相談ください。

お問い合わせは、全国各地のニューロングサービス網へどうぞ。