7CM-TS

7CM-5TS

PEガセットフィルム袋の製袋・充填システム

PE原反から充填袋口シール終了後の排出コンベヤーまでのすべての運転は連続してひとつの直線ライン上にて行われます。この製袋、製品充填、袋口シールを含むすべての工程は、PLC搭載の制御盤上で自動化、コントロールされています。又シール温度調整用のコントローラーも装備可能です。

  1. コーナーシールを施すことにより、パレット積みに最適な荷姿となります。
  2. 袋長はグラフィックパネルから簡単に設定できます。また、袋長変更によるピンホール及びコーナーシールの位置合わせは自動的に行われます。
  3. コーナーシール、ボトムシール及びトップシールのシール温度はグラフィックパネルから簡単に設定できます。
  4. 装置の異常はグラフィックパネル上に表示されます。

カタログPDFダウンロード

最高能力(袋/時) 1600
内容物 樹脂ペレット及び粉体
設定量(kg) 25
空袋長(mm) 700~850
空袋幅(mm) 380~460
ガセット幅(mm) 35~80
ガセット間内(mm) 標準260
袋底シール インパルスシール
袋口シール インパルスシール
コーナーシール 熱板式
所要空気量 (NL/分、0.5Mpa) 1270
電気容量(kVA) 24

包材

フィルム厚(μ) 130~200
フィルムロール ガセット付チューブロール
ロール外径(mm) Max 1500
コア内径(mm) 150

■機械構成

製袋部

  • 袋原反引出装置 / ダンサーロール:原反のテンションを保ち、袋長さを一定にし、後の工程に送ります。
  • ピンホール装置:袋内の脱気を容易にする空気穴を開ける装置で、パレット積付を安定させます。
  • コーナーシール装置:袋形状を整えるため、袋コーナーをシールする装置です。
  • ボトムシール装置/ 冷却装置:袋底をシールして袋口部を切断した後、袋底を冷却します。

充填部

  • 袋クランプ / 開口装置:袋をクランプして保持し、開口します。
  • 充填シュート / スパウト:計量済み充填物を袋口に差し込んだスパウトから充填します。
  • トップシール装置 / 冷却装置:充填袋は袋口でシール、冷却装置により冷却、その後排出されます。
各部の名称・説明