バーコードもきれいに印刷できる新世代のフレキソ印刷  FB-7型フレキソ印刷機

ニューロング  

 
コンピューター制御で刷版貼り込みと校正刷りを効率的に処理
1本の版胴上に数種の小版の組版の貼り込みが可能
NT-95シリーズフレキソ刷版貼り込み校正機
NT-95シリーズフレキソ刷版貼り込み校正機
■ 概要
本機は、コンピューター制御付のフレキソ刷版貼り込み校正機で刷版の貼り込み機能に加え、貼りこみ後の校正刷りが行えます。コンピューター制御のため精密でスピーディーな貼り込みが可能です。大版を使わずに、小版の多数枚(組版)の貼り込みも行え、版代を節約できます。エアーマンドレルを使用し、スリープ版胴の抜き差しが本機上で、ワンタッチで行えるタイプが、オプションであります。

■ 特徴
  1. 2台のCCDカメラとTVモニターがあり、コンピューターに入力された貼り込みデータにもとずき、自動で2台のカメラは各々単独のサーボモーターにより版胴の幅方向に移動し、また版胴は回転して、ともに所定の位置で停止します。
  2. 2台のカメラのTVモニターにはそれぞれクロスラインが表示され、刷版の2ヶ所のトンボマークと重ね合わせるだけで正確な貼込みが出来ます。
  3. 圧胴の校正刷り位置(版胴方向)への移動は、手動ハンドルにより左右同時に行えます。又、圧胴の移動距離はデジタル表示され、印圧調整が容易に出来ます。
  4. 版胴と圧胴はそれぞれ独自のサーボモーター駆動により、同期回転し正確な校正印刷が出来ます。
  5. 大きな1枚刷版を使わずに、多数枚の小さな刷版(組版)を貼り込むことにより、版代を節約できます。
  6. スリーブタイプの版胴に対応するため版胴軸受け部は、本機上でスリーブが着脱出来る様に版胴を片持ちにできる機構がついております。(オプション)
  7. 自動圧胴移動装置やバキューム式版固定用テーブルがオプションとしてつけられます。

■ 操作手段
 <版貼り>
  1. 版胴に両面テープを貼ります。スリーブ使用の場合はエアーマンドレルにスリーブを挿入して、スリーブに両面テープを貼ります。(スリーブ着脱式はオプション)
  2. パソコンに貼り込みデータを入力します。
  3. スイッチにより2台のCCDカメラ及び版胴が、貼り込み位置に自動的に移動します。
  4. TVモニターのクロスラインと刷版のトンボマークを重ね合わせ、位置合わせし、刷版を貼り込みます。
  5. 3.4の操作を繰返し、必要枚数の刷版を貼り込みます。
 <校正刷り>
  1. 版胴を校正刷り位置に降下させます。
  2. 貼り込んだ刷版にインクを塗ります。
  3. デジタル表示を見ながら手動ハンドルにより圧胴を移動させ印圧調整を行います。(圧胴にはあらかじめ校正用の紙を貼っておきます。)
  4. 校正刷り運転を行います。
NT-9514K
TVモニター上のクロスラインと
版のレジスターマーク

■ 仕様
NT-9514K
 版胴リピート長  300〜980mm
 版胴面長  700〜1400mm(700〜1200)
 圧胴周長  1400mm(1200)
( )数字はNT-9512Kのもの ※改良のため仕様は予告なく変更することがあります。
広範囲(プレプリント用大型機からラベル印刷用小型機まで)の仕様にお応えします
CCDカメラか、サーボモーター(又は両方とも)のつかないマウンタープルーファーもあります。
校正機能のないイージーマウンターもあります。

※クリックすると画像が大きくなります。
NT-9512K図面

NEWLONGニューロング株式会社
110-0015 東京都台東区東上野6-4-14 pbr@newlong.com
各営業所情報はこちらから 国内営業 Tel:03-3843-7311 海外向 Tel:03-3843-0269
広報 Tel:03-3843-7314 総務 Tel:03-3843-7313